• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

締切り済みの質問

MG6130のインクの異常な減り方

MG6130のプリンターはインクを別々に取り換え出来るのも利点と考え購入しましたが、インクがものすごく速く減るのでコストがかかり困っています。印刷量はとても少ないです。モノクロ印刷で一カ月20枚程度。それなのにインクは二カ月に一度はほぼ三色から四色を取り換えています。一か月経費として3000円。これをもう4年続けています。サイテーーーどこか使い方や置き方に問題があるのでしょうか?

※OKWaveより補足:「キヤノン製品」についての質問です。

投稿日時 - 2014-06-02 20:08:03

QNo.8621106


すぐに教えてください!

回答 (3件中 1~3件目)

並び替え

プリンタの修理屋です。

他の回答も含め、いろんな誤解があるようにおもいます。

私は、日ごろから「インクジェットプリンタを飼うのなら、一ヶ月に1,000円程度のインク代は覚悟してください。」と言ってます。
インクジェットプリンタというのは、ペットと大差なく、働かなくても餌は必要になりますし、構わずに放っておくと病気になってしまいます。

「二カ月に一度はほぼ三色から四色を取り換えています」と言うのはちょっと多い気もしますけど、誤差の範囲内といえるでしょう。


インクジェットプリンタを安く使おうとすれば、毎日のように1枚でも2枚でも使うことです。
故障も少なくなりますし、これが一番安上がりになるはず。


インクジェットプリンタは、基本的にカラー印刷専用ですから、電源を入れるとカラー印刷をするための準備を始めます。(起動時のクリーニングです)
このときにすべてのインクがロスしてしまいます。

問題は、前回に使用してからの停止時間です。
プリンタはその時間をカウントしていて、長く時間が経過すると、乾燥が進んでいるという事で念入りに起動時のクリーニングを行います。

ただインクを無駄にするだけですから、そんん馬鹿なことをする人もいないでしょうけど、強力クリーニングを連続して行うと5~10回程度でインクタンクが空になります。
1回で10~20%のインクをロスしてしまうのです。

一週間も放置すると、強力クリーニングに近いクリーニングが行われるようですから、何も印刷しなくても二ヶ月でインクタンクが空になる可能性はあるわけです。
これが毎日のように印刷していると、ほとんど分からないくらいの量のロスになります。


いやらしい話なのですけど、ここ4~6年くらいの機種は、起動時のクリーニングが念入りになる傾向はあります。
昔の機種でもあったはずなのですけど、今の機種ほど長く難じることはありませんでした。
これは、一般ユーザーからの「よりキレイな写真印刷」と言う要望に対応したものなのでしょう。



使わずに放置していれば起動時のクリーニングで大量にロスが出る、そこそこに印刷していれば印刷で使うインク代がかさむ・・・・・
その当たりから導いた、経験的なインク代が一ヶ月1,000円という数字です。

ちなみに、わたしは1台のPCに3台のインクジェットプリンタを接続して仕事で使っていますけど、3台で一ヶ月に1,000~2,000円程度です。
ちなみにインクジェットプリンタの設計上の想定では1日10ページ程度のはず。
私が印刷するのは文書ばかりで写真は滅多に印刷しません。
少なければ3日に1枚程度、多くても1日10枚以内ですから、私の経験値よりも安くなっているのだと思います。


なお、よくモノクロ印刷のチェックの話が出るのですけど、これはほとんど意味がありません。
モノクロ印刷をするときは、プリンタドライバが状況を見て最適な判断をしています。
うかつにチェックを入れると、それをとめてしまって、結果的にインクの消費が多くなる可能性はあります。

写真印刷をするのでしたら、用紙設定は光沢ゴールドなどの上位の用紙設定にしてください。
このほうがインクのトータル消費量は少なくなるはずです。画質の影響はほとんどないといって良いでしょう。


非純正インクのお勧めもあるようですけど、プリンタを壊す可能性もあって、あまりお勧めできません。
また、非純正インクに関しては以下のようなレポートもあり、コストメリットは思ったほどではないという事もあるようです。
http://jp.allion.com/test_report.html



ただ、これらのことをすべて踏まえた上で、キヤノンの2008年以降の6色モデルには大きな問題を感じています。
グレーのインクは本当に必要なのか?
染料系のブラック(BCI-326BK)は写真印刷用という事ですが、光沢ゴールド以上でなければ使いません。
セット物を買った場合、どんどん余っていくという人は多いです。
光沢ゴールドの設定で印刷すると写真の黒い部分で積極的に使ってくれるようですから、シアン、マゼンタ、イエローの消費を抑えることができて、トータルで安くなることがあります。(これは実験して確かめました)

ところが、グレーのインクに関しては、ほぼすべての条件で使っているようで、テストしていてもあっという間になくなります。
写真の画質で決定的な差があるわけではありませんし、このインクの存在意義に疑問を感じます。

投稿日時 - 2014-06-04 12:04:20

ANo.3

MG6230を使用していますが、同様の現象に遭遇したので経験談をお知らせします。

私は、極力モノクロ印刷をしているはずなのに、カラーインクが減っており不思議に感じていましたが、その原因は両面印刷にあることを突き止めました。

片面印刷でモノクロ指定する場合は、黒のインクしか使わないようなのですが、両面印刷でモノクロ指定すると、カラーの組合せで黒にしているようなのです。

なので、モノクロの時は片面印刷だけを指定するようにしています。

両面印刷で、モノクロ指定で黒のインクのみを使用できるようにする方法はまだわかりませんので、別のところで質問しようと思っています。

投稿日時 - 2014-06-03 04:35:23

こちらも、同系統MG5430(黒が2色のほう)を使ってます。1つ上位がタッチパネルとグレイの6色タイプでしたが。

なんとなく、このプリンターたくさん印刷しても、ほとんど印刷しなくても、
減る時期と言うか、交換時期が同じ気がします。
おかげで、私のほうはまだ純正インクしか使ってませんが、純正インクの「タンク」が
たまっていきますね^^

あまりにも、コストがかかるようでしたが、
http://www.amazon.co.jp/dp/B005JR8NIU
これらの、非純正インクもありかもしれませんよ。

送料込みで410円、6色セット、ICチップありだそうです。
安いですね。
もちろん、純正ではないので、色合いだの、クオリティーだのは、いえませんが、
ほぼ同じといわれているようではあります。あくまで「ほぼ」でしょうが。

この機種、サブタンクがあるので、インクの交換時期がわからないんですよね!
交換直後に、インクタンク半分なくなりますよね。。
インクタンクから、約半分(XLかでも違うのでなんともいえないが)が
サブタンクに移動するので、いきなりなくなったように見えるのが、
初めて見たとき驚いた記憶がありますよ。
<最初についてきた、試供品インクが、いきなり半分スタートするので、びっくりして

ということで、
消耗品ですし、インクは、安いもので代用できる用途であれば、それも考慮に?
ですかね~

投稿日時 - 2014-06-02 20:55:56

お礼

 親切かつご丁寧な回答をいただき、大変感謝しています。確かにこの機種の目視できないインクタンクはデメリットですね。今後プリンターを買う時の一つの要素にしたいです。
メカに詳しいご経験談も参考になりました。 また、インクについては純正でないものの愛用者なのにすっかり忘れていました。是非アマゾンで購入したいと思います。 ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-03 13:34:13

質問する

キヤノン製インクジェットプリンター(PIXUS)のご質問を受け付けています。 製品のトラブルや使い方でお困りのことがありましたら、同じような質問が無いか 検索してみましょう。カテゴリを選択すると見つけやすくなります。 類似の質問が無い場合、お気軽にご質問ください。 ご利用の製品名やソフトウエア名を明記すると、回答を得やすくなります。