本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:樹脂成型)

樹脂成型でボルトを流し込む方法と適切な素材について

2023/10/21 06:22

このQ&Aのポイント
  • 樹脂成型でボルトに流し込む方法として、セメントやタルクなどの硬い素材やレジンなどの流動性のある素材が使用できます。一定の固さが必要で壊れないようにするため、樹脂のように整形するにはこれらの素材が現実的です。
  • 市販されているボルトのつまみは実在していますが、価格が高くなっています。そのため、樹脂でなくとも硬い素材を使用すれば同様の役割を果たすことができます。
  • 樹脂成型に適した素材としては、セメントやタルクなどの硬い素材やレジンなどの流動性のある素材があります。これらの素材を使用することで、一定の固さを保ちながらボルトに流し込むことができます。
※ 以下は、質問の原文です

樹脂成型

2023/06/26 02:36

ボルトに樹脂流し込み、つまみとして利用したいです、
市販されているのは実在していますが、1個千円は
します、樹脂でなくとも硬ければ何でも良く、例えば
セメントやタルクなどの素材やレジンなど流動性有る
のなら可能の様な気がします、力加えるので一定の固さ
必要で壊れないのが前提です、樹脂のように整形する
には、どのような素材が現実的ですか、よろしくお願
いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2023/06/26 06:10
回答No.1

解釈としてはネジ山の受けが必要だからボルトに被せるように掴みやすい強度がそこそこのツマミを成形したいのであればタルクにエポキシ接着剤を混ぜて捏ねると即席のエポキシパテになります。

エポキシパテは普通に市販されていますが量が少なく割高でツマミひとつ作るにも分量があまりに少ないのですが足りそうならそれで充分かと思います、レジンとなると小分けして売ってないので数百グラム単位となるのと液体なのでベースのツマミを一度作って型を取る必要があるので本末転倒です。

お礼

2023/06/27 07:17

ありがとうございます。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (3件中 1~3件目)

2023/06/26 14:32
回答No.3

次の様に作業することをお勧めします。
1)100円ショップで販売されている「A液・B液混合型エポキシ樹脂」
 を購入します。
2)ペットボトルや瓶類の「キャップ」を用意します。
 製作するボルトのサイズに見合った大きさの「キャップ」を
 探して用意します。
3)「キャップ」の内側の中央にボルトの頭を立てます。
4)多少厚い紙を用意して机の上に広げます。
5)この紙の上に 「A液・B液混合型エポキシ樹脂」のA液とB液
 を等量絞り出します。量は下段の注意書きによります。
6)A液とB液を良く搔き混ぜます。
7)搔き混ぜた後、3)の「キャップ」に立てた「ボルト」の周囲に
 混ぜた「エポキシ樹脂」を流し込みます。
注1)A液、B液を絞り出す時の量は、用意した「キャップ」と
  「ボルト」の大きさからこの部分の隙間を埋めることが
  出来る量を決めます。
注2)「エポキシ樹脂」は数時間で固くなりますが「ツマミ」
  として使用するには1日経過してからにします。

お礼

2023/06/27 07:17

ありがとうございます。

質問者
2023/06/26 11:45
回答No.2

目的がコストダウンであるならこういう商品があります。
https://www.monotaro.com/g/05114922/

手作りするよりだいぶ安くなると思います。

お礼

2023/06/27 07:17

ありがとうございます。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。