本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「役に立った」と評価
締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:FCD450の焼鈍)

FCD450の焼鈍方法と応力除去処理の条件

2023/10/12 19:34

このQ&Aのポイント
  • FCD450の焼鈍方法と応力除去処理の条件についてまとめました。
  • FCD450の素材に焼鈍しを施す場合の通常処理温度と時間、冷却方法について調査しました。
  • また、製品の大きさや塩浴軟窒化処理後の歪みに対する焼鈍の効果についても考慮し、条件を提案しています。
※ 以下は、質問の原文です

FCD450の焼鈍

2001/01/19 13:48

FCD450の素材に応力除去の焼鈍しをする場合、通常処理温度は何度位で何時間くらいキープして又,冷却方法は何で何時間位するのでしょうか?ちなみにこの製品の大きさは外形150mmで厚さ7mmです。(最終は塩浴軟窒化処理をするのですがこの処理後にかなり歪んでしまいます。素材に焼鈍しを入れようと思うのですがそのような条件にすればよいのでしょうか?)

回答 (1件中 1~1件目)

2001/01/23 09:41
回答No.1

FCD450の応力除去焼鈍の条件は

温度は600℃700℃です。
保持時間は4時間程度で良いと思います。
冷却方法は徐冷。(炉冷または室温中に放置)

以上の条件で応力除去は出来ると思います。

応力は加工や溶接をすると発生し、何かの刺激?(あとの温度等)で解放され、歪みの原因となります。

応力除去をおこなったあとの加工等が少なくなるような行程を工夫されるとより良いのでは?と思います。

以上回答します。

お礼

0002/11/30 00:00

ありがとうございました。早速、試してみたいと思います。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。