サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
困ってます

プレートをボルトで固定。

2020/03/05 22:15

今日部長に、四角のプレートを固定する時、材料力学の基本にのっとって、ボルトの固定ピッチは2対6対2で固定するのだと言われました。

例えば、縦250mm×横600mmといったSUS板を2本のマウントの上に固定する場合、250mmだったら、上から50mm下から50mmの位置に穴を空けて、そこにボルトを通して固定すると言う意味です。

こんな法則、本当にあるのですか?

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2020/03/07 10:59
回答No.3

前のご回答のように一律の基準はなさそうですので、一つの考え方として参考にしてください。
等分布荷重の加わる板を、2本のボルトで固定した場合の、板の撓みを誇張して描くと、下図のようになります。
板の端部は片持ち梁、板の中央部は両端固定梁と考えることができます。
板の端部のたわみと中央部のたわみが同等になる条件で、ピッチを求めると、板の長さを100%としたときに、ボルト穴から端部までが21.5%、ボルト穴間が57%程度になります。
この数値を記憶しやすいように丸めた数字が、20%、60%、20%ということでしょう。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (3件中 1~3件目)

2020/03/06 08:58
回答No.2

私の知る限りない
隅肉3mm (穴をあけたときのかた肉3mm) と 穴間ピッチ300mm以下 にはある

>>上から50mm下から50mmの位置に穴を空けて
そんな設計したら相当な余肉になり 戦車並みの重構造になる = コスト高
(今の戦車は軽量化設計)

戦中の巨艦主義系の設計にはあるかもしれない

私は航空系のDNAなので軽量化

2020/03/05 23:37
回答No.1

 ありません。
 ボルトの固定は本数にしろ位置にしろサイズにしろケースバイケースすぎて、一概にセオリー等では言えません。
 せいぜいが「1点固定は厳禁」とか、「効き代は直径の〇〇倍は確保しろ」とかですかね。この辺りも状況次第で色々ですが。組み立ての時なら「対角に少しずつ締めろ」とかありますけどね。

 そもそも材料力学で2/6/2などというセオリーは聞いたこともないですし、気になって検索してみましたが全く引っ掛かりません。
 個人的には、250mm幅の板を固定するのに端面から50は離しすぎじゃないかなぁ・・・などと思います。
 何か思い違いをしているのか、はたまた本人の謎のこだわりなのかは不明ですが、無視できるなら無視して全く構いません。断言していいです。

関連するQ&A

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。