サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
お知らせ
プロフィール欄の都道府県表記が設定と異なる不具合が発生しています。詳細はこちら

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
困ってます

32歳主婦です。一五一会、ウクレレどちらがいいでしょうか?

2006/09/16 17:27

皆さんこんにちは。
現在 専業主婦で子育て中です。
弾き語りができるギターに憧れていて、「子供と一緒に歌えたら楽しいだろうな~」
と思いたち全くの素人ですが、チャレンジしてみたいと思っています。

昔 アコギを買ったことがあるのですが、弦を何本も一度に押さえることができずに簡単に挫折してしまいました。
 そこで 一五一会とウクレレが候補に上がっていますが、皆さんはどちらがお薦めですか?

  以前 高齢者施設で介護職をしていたので、将来復職したときにその楽器を使って利用者の皆さんとも一緒に懐メロが歌えると 尚いいな~と夢を膨らましています。

その他の回答 (21件中 11~15件目)

2006/09/17 08:00
回答No.10

No.5、7です。先ほどは難解な回答ばかりですみません。
こんなの紹介しておきます。ウクレレ・ソロ(ソロ・ウクレレ)という奏法です。すぐに弾けなくても付属CDを聴いているだけでも楽しいと思います。
http://www.rittor-music.co.jp/hp/score/ukulele_data/04417124.htm
個人的にはウクレレはすごく奥の深い楽器だと思います。ウクレレ・ソロは私もハマってます。お子さんやお年寄りにも受けますよ。

お礼

URLもありがとうございます。
ウクレレとアコギ音の雰囲気も違うし、また別の良さがありますよね~。
ハワイアンも大好きなのでウクレレも弾けるようになりたいのですが、ayupapaさんのアドバイスを拝読させていただいて、いまは持っているアコギで練習を始めようかな~という気持ちになってきました。NO9の方のアドバイスにあるようにエレキの弦を張ってオープンチューニングで練習したらかなり弾きやすくなるのでしょうか?

2006/09/17 08:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

2006/09/17 02:24
回答No.9

再び失礼します。

またまた質問の本旨とは外れている話で失礼しますが、個人的な意見を添えるなら、アコギを持っているのであれば、アコギでオープンチューニングをした方が、新しく楽器を買う必要がない分リーズナブルだと思います。 一五一会については、ギターを弾いている立場から私見を言うと、手軽ではあるけれども、やはりギターでも代用できる範囲に留まるような感が強く、積極的にお勧めとは言いにくいところもあります(念押しですが、あくまでも個人的な見解です)。
先にも寄せた内容を繰り返すようですが、通常のギターで弦が多いなら弦を外して少なくしてもいいし、指1本でコードが出せる一五一会の手軽さについては、ギターでもオープンチューニングなどの変則的なチューニングで十分に再現できると思います。 少々強引で豪快なやり方ではありますが、それで代用が効くとすれば、一五一会は少々高くつくようにも思えてしまうというのが本音です。

オープンチューニングのやり方については、そうしたチューニングモードを持つチューナーでチューニングをする方法が、最も簡単な方法として挙げられます。 BOSSのTU-8やTU-15には、オープンチューニングに対応したモードが付いています。 TU-8は5000円くらいで購入できると思います。
他の策としては、クロマチックチューナーを使い、オープンチューニングの時の各弦の音程を調べてそれに合わせるというやり方もあります。 オープンチューニングで合わせる音程については、下記URLに紹介されています。 BOSSのページです。
http://www.roland.co.jp/products/boss/T_01.html#03
チューナーに頼らないとしたら、一度レギュラーチューニングに合わせた上で、他の弦の音程を基準にしてチューニングを変更するという方法もありますが、こちらは楽器への慣れがないと難しいでしょう。

オープンチューニングにしてしまえば、バレーするだけでコードを鳴らせます。 オープンGであれば、開放でG、5fバレーでC、7fバレーでDコードになります。 普通のチューニングでコードを弾くよりは、ずっと手軽になるでしょう。
もしギターに拒否感がなく、またその気があれば、一度オープンチューニングについて調べてみたり、試してみたりすることをお勧めします。

質問の本筋からは逸れた話で失礼しました。

お礼

再度ありがとうございます。
今日仕舞い込んでいたうちのアコギをひっぱりだしてきて もう一度アドバイスを読ませていただいたら、だいぶ意味がわかりました。
さらに質問なのですが、「バレー」という用語はどういう意味なのでしょうか?
またクロマチックチューナーとはどんなチューナーのことを指すのでしょうか?
10年前にアコギを購入したときにやはりチューナーも同時に買ったのですが、PIGGY HU-8300 という商品です。
このチューナーは、オープンチューニングが可能なのでしょうか?

 またオープンチューニング使用の楽器とそうではない楽器とでは同じコードでも運指が変わってくるので、普通の初心者向けの教本にのっているコード表では参考にならなくなってくる、ということでしょうか?

2006/09/17 08:15

2006/09/17 01:16
回答No.8

もし既にアコギをお持ちなら、下の3弦もしくは4弦まで
で、練習されてみてはどうでしょう?6弦あるから全部
弾かなきゃならないって事は無いし、「子供と~」くら
いなら十分楽しめると思いますよ。もし、スチール弦の
アコギなら、音のダイナミックスは小さくなりますが、
弦をエレキギターのものに代えると弦を押さえるのが凄
く楽になりますので、最初練習する時には試してみては
どうでしょうか?

お礼

全ての弦を使わなくても練習できるんですね~。

エレキギターの弦をアコギに張ってもよいとは知りませんでした。
弦は買った楽器屋さんで張ってもらえるのでしょうか?

2006/09/17 08:22

2006/09/16 22:58
回答No.7

>一五一会の廉価版の奏生は音の質としてはどうなのでしょうか?
やはりその一つ上のランクの5万円くらいの物とくらべるとかなり聞き劣りするのでしょうか?
→5万円くらいのもの、音来(ニライ)が一五一会と同じスチール弦で630mmスケールなのに対し、奏生(カナイ)は全く別コンセプト(475mm、ナイロン弦、音も高い)なので、音の質は全く異なります(ウクレレに近いです)。これを”劣る”と判断するかは人それぞれです(ギターの音に対しウクレレの音を”劣る”と思う人には劣って聞こえます。でもウクレレはウクレレの良さがあると思います)。一方、音来は一五一会を単純にスペックダウンしたもの(グレードの低い材料、製作工数を減らしている等)なので、一五一会より”聞き劣り”するはずです。これも好みの問題かもしれませんが。それで私は中途半端な音来より、元々コンセプトの違う奏生をオススメする次第です。
ここからは質問者様への回答というより私の愚痴ですが、個人的には一五一会の値段の高さ、音来の安っぽさ(4万5千円の楽器にしては粗末すぎる)は今だ納得できません。また私と同じ考えの人があまりに少ないのも不思議に思います。一五一会は日本の職人文化の結晶のように高く評価されていますが、私から見ればアメリカ製ギターから弦を2本とっただけなんですけどね(苦笑)。

お礼

そうなのですね~。
音来が中途半端なものであるならば奏生のほうがいいかもしれませんね。
もし購入するならその前に、一度両方の音を聞きくらべられると良いのですが・・・

2006/09/17 08:20

2006/09/16 21:13
回答No.6

どちらを選ぶのでも、ご質問者様が楽しく取り組むことができるのであれば問題はないと思います。 好みで選ぶのが良いと思いますよ。

ただ、一五一会に関しては、私自身は実際に触れたことはないのでこういうように言ってしまうのは難なんですが、もしギターを持っているのであれば、そのギターで代用が効いてしまう範囲のようにも思えてしまいます。

もし、まだお手元にアコギがあるとしたら、チューニングを工夫することで、一五一会の長所である指一本だけでコードが出せるという演奏方法を、ギターでも実現できます。
具体的には、チューニングを合わせるときに、1弦と5・6弦を2フレット分低く合わせます。 こうすると、弦の張りも少し緩みますし、また指1本でバレーするだけでコードの音が出せます。 1・6弦が通常のチューニングよりも1音低いD、5弦も通常より1音低いGになり、2-4弦は通常通りの2弦:B-3弦:G-4弦:Dとなって、どこも押さえないで開放弦をすべて鳴らすとGメジャーコードになります。
これは、オープンチューニングというチューニング方法で、ブルーズなどの方面ではよく使われる手法です。 上の例は、オープンGチューニングといいます。
他にも、5弦を1フレット分低いG#、4-3弦を共に1音半(3フレット分)低いB-Eに合わせ(2弦も3フレット分低くしても可です)、すべて開放弦でEコードが鳴るオープンEチューニングなどもあります。 これらはどちらもレギュラーチューニングよりも弦を緩く張ることになるので、押さえる指も若干楽になるとも思います。

場合によっては、こういう工夫でギターに慣れてみるのも手かも知れませんね。
(蛇足になりますが、弦の数が多くて苦労するのであれば、オープンGチューニングで6弦を張らない(5弦ギターにしてしまう)というような少々豪快な対処も一つの手ではあります。)

蛇足の話が長くなりましたが、どちらの楽器を選ぶかについては、より興味の持てる方で良いと思います。 やはり、やっていて楽しめる物を選ぶのが良いでしょう。 それぞれの楽器でどんな演奏ができるのか、いろいろとCDなどを当たってみて、楽器のイメージなどを作ってみると、より選びやすくなるかも知れませんね。

あまり適切な内容ではなかったかも知れませんが、いくらかでも参考になれば。 乱文を失礼しました。

お礼

詳しい回答ありがとうございます。
 ただギターに関してはド素人なので、せっかくアドバイスしていただいたことがどうすれば良いのかよくわからなくて・・・
lead1976さんのように私の近くにもギターが弾ける知り合いでもいればいいのですが・・・

 私はボサノバが大好きなので 本当はアコギが弾けるようになりたいのですが、教室に通うことが難しいので独学となるととりあえず今はあきらめてしまします。

2006/09/16 21:29

関連するQ&A