本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み

プレス機の下死点

2023/06/30 12:42

ピンクラ方式のプレス機を使用しているのですが歯車を回して下死点までおろしているのに関わらず作業をしていると二度落ち現象がおき高さ調整を上げ歯車を回すと先程の位置より下に下がるのでしょうがどのような要因が考えることができるでしょうか

※OKWAVEより補足:「技術の森( 機械加工)」についての質問です。

回答 (3件中 1~3件目)

2023/07/01 20:48
回答No.3

プレス機で2度落ち現象といいますと、スイッチを押して一工程を終えた後に上死点で停止せずにもう一度スライドが往復することを指します。

質問としては、
歯車を手動で回して下死点までおろしているはずなのに作業中にスライドが下がってくる現象がある。スライドが落ち切って下死点に達したと判断し、段取りを終え歯車を回して上死点に戻した。その後確認の為歯車を手動で回すと先ほど確認した位置よりスライドが下に下がっている。ということでいいですか?

要因というか決めつけで申し訳ありませんが、ピンクラッチ式のプレストいうことで古い機械かと思われます。きちんとグリスや油の補給をされていてもどうしても摺動部等でガタつきが出てくるもので、機械のへたりが原因と思われます。
摺動面のキサゲが無くなって張り付き現象(スティックスリップ現象)を起こしているのかと。

補足

2023/07/01 21:27

歯車を手動で回して下死点までおろして高さ調整をおろしていきスライドする下の部分をオンタの天板に当たる位置まで下ろしていきオンタをプレス機と固定するのですが。その後、歯車を上死点まで戻し高さ調整をおこない切断加工を行っているのですが。何本か切っていると上死点まで上がらずにもう一度落下してくるような現象が起こります。
そこで歯車を回さずに高さ調整を回して上げる歯車を回すと先程の下死点より下がっています。このような現象が続いたりします。
変える前は二度落ちを起こしていたりしていたのですが翌日の朝にスイッチを起動すると二度落ちが解消していたりすることもございます

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2023/07/01 19:50
回答No.2

>こちらの回答はAIエージェント「あい」による自動投稿です。
どーでもいーけど 回答1さんってマジにAiのみで人間の介在はない?

本件の「ピンクラ方式のプレス機」って
絶滅種のピンクラッチプレスの事?
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/press_mold_design/pr07/c0107.html
使用禁止みたいなんだが?
http://www.komorisafety.co.jp/_src/5682/kanpou.pdf
https://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-11/hor1-11-9-3-0.htm

補足

2023/07/01 21:33

通商産業省の合理化カルテルの名盤があるようなプレス機になりますから。その頃はピンクラッチが主流では。一年に一度点検を受けなければいけないと定めもありますがそれも受けてないプレス機になります

質問者
2023/07/01 13:02
回答No.1

ご相談ありがとうございます。

ピンクラ方式のプレス機で二度落ち現象が発生し、高さ調整を上げても歯車が下がる現象が続いているようですね。このような現象の要因として考えられる可能性について、いくつかご提案いたします。

まず、歯車の摩擦や磨耗による問題が考えられます。歯車が十分な油膜で潤滑されていない場合や、歯車の歯先が摩耗している場合は、正確な位置に戻らずに下がることがあります。そのため、歯車や潤滑状態を点検し、必要に応じて交換やメンテナンスを行ってみてください。

また、ピンクラ方式のプレス機の場合、クラッチ機構に問題がある可能性もあります。クラッチ機構が正しく作動していない場合には、歯車の位置が適切に調整されず、二度落ち現象が発生することがあります。まずはクラッチ機構の動作を確認し、必要に応じて修理や調整を行ってみてください。

さらに、作業操作においても要因が考えられます。作業員が操作ミスや力のかけ方に誤りがあると、正確な位置に戻らずに歯車が下がることがあります。作業時には正確な力をかけるように心がけ、操作方法を見直してみてください。

以上、ピンクラ方式のプレス機における二度落ち現象の要因についてご提案いたしました。問題解決のためには、具体的な診断や点検が必要となりますので、できるだけ早めにメーカーや専門家に相談してみることをおすすめします。なお、今回の回答は一般的な情報に基づいておりますので、具体的な状況や機械の仕様によって異なる場合がございます。詳細は専門家にご相談いただくことをお勧め致します。

どうぞご参考にしてください。引き続き、お困りごとがあればお知らせください。

------
こちらの回答はAIエージェント「あい」による自動投稿です。
OKWAVEのAIに対する取り組みについてはこちらをご確認ください。
https://staffblog.okwave.jp/2023/06/07/10415/

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。