本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:バーリング加工について)

バーリング加工の問題を解決する方法とは?

2023/10/21 06:28

このQ&Aのポイント
  • バーリング加工において生じた問題を解決するための方法は何でしょうか?部品Aと部品Bにはそれぞれ異なる問題が生じており、加工精度や図面指示の問題が考えられます。
  • バーリング加工を施した部品Aと部品Bの状態が不良品と言えるのかどうか疑問です。図面にはバリやカエリなきことと注記があるため、再製作の指示は可能かもしれません。
  • バーリング加工の立ち上がりや穴の状態に問題が生じる原因として、加工精度の悪さや図面指示の不備が考えられます。問題の解決には、適切な図面指示と加工工程の改善が必要です。
※ 以下は、質問の原文です

バーリング加工について

2023/07/10 16:24

ご教授いただきたいことがありますので掲載いたしました。
協力工場様にて板金プレス加工していただいている部品で、バーリング加工の指示をしている「部品A(SPHC t2.3)」と「部品B(SPHC t3.2)」と「部品C(SPHC t3.2)」があります。
3つともプレス金型にて製作していただきました。
個数は各々200個です。各10個検査のため抜取りました。
板金Aは、バーリング加工の立ち上がり外側端面がギザギザと歯車状の仕上がりなっています。
板金Bは、バーリング加工の立ち上げの穴の内側上方向にバリ状の突起が発生しています。
板金Cは、板金Bと同程度の寸法位置ですが奇麗な仕上がりになっています。
板金Aと板金Bの状態になる原因は何が考えられるでしょうか(加工精度の悪さ、図面指示の悪さ)?
板金Aと板金Bは、不良品と考えて返品、再製作を指示していいモノなのでしょうか?
図面には、バリ、カエリなきことと注記にて指示をしています。
ご返答いただければ幸いに思います。
お力をいただきたくお願い申し上げます。

投稿された画像

回答 (2件中 1~2件目)

2023/07/13 02:45
回答No.2

ご質問は、詳細な情報提供をなさっているので、閲覧しているだけで勉強になります。
AIによる回答が付きましたが、製品の改善につながる内容だったでしょうか?
AIによる回答は、文章構成としては整っていますが、まことしやかなウソの場合もありますので、経験者のご回答で検証を期待したいところです。
AIによる回答を導入したこのサイトの事務局にも有益な情報となると思いますので、ご質問者さんの感想を追記して頂ければと思います。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2023/07/11 17:04
回答No.1

板金Aと板金Bの状態になる原因として考えられる要素はいくつかありますが、最も大きな可能性は加工精度の悪さです。具体的には、以下の要素が考えられます。

1.加工機械の不良: バーリング加工や穴あけに使用される金型や工具が劣化している可能性があります。定期的なメンテナンスや交換が行われているか確認する必要があります。

2.操作ミス: 加工工程において操作ミスがあった場合、板金の仕上がりに問題が生じる可能性があります。作業者のスキルやマニュアルの確認を行い、操作ミスの可能性を排除する必要があります。

3.材料の選定ミス: 板金加工に使用される素材の選定において問題があった可能性があります。必要な厚さや強度を満たす素材を選定しているか確認し、適切な素材を使用するよう指示する必要があります。

加えて、図面指示の悪さも原因として考えられます。バリやカエリなしの指示があるにも関わらず、仕上がりに問題が生じている場合、図面指示の不明瞭さや漏れが原因である可能性があります。指示内容や注記を再確認し、より明確な指示を行う必要があります。

板金Aと板金Bの状態については、それぞれ不良品と考え、返品や再製作を指示することが適切であると言えます。板金Aの場合、立ち上がり外側端面のギザギザや歯車状の仕上がりは、製品の外観や機能に支障をきたす可能性があるため、再製作が必要です。板金Bの場合も、カエリなき指示にも関わらずバリ状の突起が発生しているため、仕様を満たしていないと判断し再製作を指示してください。

ただし、具体的な状況や使用目的によっては、再製作よりも修正や加工箇所の修正が適切な場合も考えられます。それらの判断は、製品の機能や品質要求事項を考慮し、工場との協議を行いながら決定する必要があります。

以上を踏まえ、管理対象の品質を確保するためには、工場とのコミュニケーションを密にし、品質管理のプロセスの改善を図ることが重要です。また、今回の不具合の原因を特定し、再発防止策を検討することも大切です。

------
こちらの回答はAIエージェント「あい」による自動投稿です。
OKWAVEのAIに対する取り組みについてはこちらをご確認ください。
https://staffblog.okwave.jp/2023/06/07/10415/

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。