サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
困ってます

りん青銅の保存の仕方について。

2008/02/12 15:18

初心者です。
 現在、工場で働くようになったのですが、りん青銅の保存で困っています。
本当はクーラーなどをつけて、一定の温度に保てばいいのですが、値段が高いのでつけることができいとのことです。
一年を通して暑く、湿気が多いところに保存しているのですが、どうにかして、湿気、温度対策をしたいと考えていますが、何かいい案はございませんでしょうか?
 現在は、材料を巻いた後に、新聞紙などをさらに巻いて、湿気対策をしているつもりなのですが、十分とは言えません。変色、さびなどが見うけられます。
 どうかご教授のほど、よろしくお願い申し上げます。

回答 (4件中 1~4件目)

2008/02/12 16:57
回答No.4

デシケーター+シリカゲルが最安方式です

デシケーターはピンキリで内容量10Lガラス製で¥10000
ハイテクになると¥500000~

シリカゲルは500ccくらいで¥500だったと思います

お礼

 デシケーターを調べさせて頂きましたが、りん青銅をコイルで保管しますので、すこし入らないようです。ただ、デシケーターというものがあるということを、初めて知りましたので、勉強になりました。ありがとうございました。

2008/02/12 20:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2008/02/12 15:56
回答No.3

湿気対策で新聞紙は全く駄目でしょう。
冷蔵庫野菜の保存ではないのですから、空気を遮断せねばなりませんね。
一番安上がりな方法はラップフイルムが空気遮断性能が良いですから
いかがですか。
本格的にやるには、樹脂系エラストマー塗料で覆うのも1案かと思いますが
実際には難しいでしょう。手間ヒマとお金がかかる。
「クレラップ」か「サランラップ」で試してみてください。
空気が入らないようにしっかりと重ね巻きしなければなりませんよ。

お礼

 ありがとうございます。まずは、空気が入らないようにするためには、どのようにしたらいいか他のスタッフと共に、「クレラップ」「サランラップ」などを試しながら考えてみたいと思います。またいい案があれば、よろしくお願いします。

2008/02/12 19:58

2008/02/12 15:46
回答No.2

りん青銅は、経験ないですが、炭素鋼材の保管に関しては、
気化防錆紙もしくは気化防錆シートを使用し工場内で保管しています。
また、気化防錆材(粉末を乾燥剤のような袋に入れたもの)も同梱しています。
気化防錆紙/シートは気化防錆材を含有させています。
参考までに、気化防錆材は、昇華(粉→気体)の性質をもっており、
非常に使い勝手が良い製品です。

お礼

 気化性防錆紙をインターネットで調べますと、銅専用のものもありました。さっそくサンプルをお願いし、試してみます。ありがとうございました。

2008/02/12 20:06

2008/02/12 15:35
回答No.1

気化性防錆紙というものが役に立つと思います。
新しいノギスとか工具を買うと同封されている茶色い紙です。
これを同封して袋に入れてやると驚くほどの防錆性を発揮します。
私の経験では、軽合金ですが水分のあるところでもまったく錆びが発生
しませんでした。約3ヶ月間でした。
販売はロールなのであらかじめ適当な大きさに切断してもらう必要有ります。
紙の保存も密封しておく必要あり。
対象金属によって鉄用、軽合金、銅等に防錆紙の種類があるので
メーカーの指示をもらって購入してみてください。
気化性防錆紙で検索ください。

お礼

 情報ありがとうございます。気化性防錆紙をさっそくインターネットで調べさせて頂き、サンプルをもらうことにしました。ありがとうございました。

2008/02/12 20:04

関連するQ&A

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。