本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「役に立った」と評価
締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:アルミ板の切削について)

アルミ板の切削について

2023/10/20 12:31

このQ&Aのポイント
  • 5mm厚のアルミ板に幅5mm長さ160mmの穴を開ける方法について不安があります。
  • トリマーの回転数や進め方、切削オイルの使用についてお知恵をいただきたいです。
  • 穴の始点の開け方についてもアドバイスをいただけると嬉しいです。
※ 以下は、質問の原文です

アルミ板の切削について

2020/06/01 12:03

5mm厚のアルミ板に幅5mm長さ160mmの穴を開けようとしています。

DIYでやっていますのでフライスではなくトリマーにエンドミルを付けて開けようと思いますが、初めてのことなのでいろいろ不安があります。

1. トリマーの回転数は30000rpmです。スピードコントローラーを使っても2万回転くらいまでしか下げられませんが問題ないでしょうか?

2. トリマーはトリマーテーブルに固定して、材をガイドに沿って送るつもりですが、1秒にどのくらい進めるのが適当でしょうか?

3. 切削オイルはナイフ研ぎ用のもので間に合うでしょうか?

4. 穴の始点に5.0mmの穴をドリルで開けて、そこにエンドミルを貫通させて、いきなり5mm厚のアルミを切削しても大丈夫でしょうか? それとも少しずつ深く掘る方がいいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

回答 (6件中 1~5件目)

2020/06/01 18:30
回答No.6

トリマーにエンドミルでのアルミ加工は絶対にやめてください。

良くて過負荷でトリマーが止まる、無理すればトリマーが壊れる。最悪は刃が被削材のアルミに食い込み、その反動でトリマーが吹っ飛び、ザックリと自分の体を刻みます。
なぜ、金属加工をするフライス盤や旋盤があれほど大掛かりでゴツイのかを考えてください。
トリマーごときで金属加工ができるなら、ボール盤や電動ドライバでの金属切削がもっと普及していますよ。

リューター加工を行うローターリバーと呼ばれるものなら、やすり状の刃なので食い込みリスクは少ないです。
なので、多少はマシになりますが、当然ながら、少しずつしか削ることはできません。

お礼

2020/06/01 18:44

トリマーテーブルが吹き飛ぶと想像すると笑えますね。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2020/06/01 18:23
回答No.5

ケガするのでやめとけ

ドリルで 穴をあけ
ニッパーで切り 
やすり仕上げです


https://www.youtube.com/watch?v=t6xDEGl--m0&t=488s
7分位
樹脂ですが
こんな工程

お礼

2020/06/01 18:45

体力のある人はそういうやり方がいいかもしませんね。

質問者
2020/06/01 18:04
回答No.4

最も安全な方法は、長穴の両端にドリルで穴をあけ、穴の間をつなぐように、糸ノコで切り取ることです。少々根気がいりますが安全確実な方法です。

お礼

2020/06/01 18:46

代案は求めていません。

質問者
2020/06/01 13:16
回答No.3

ダイヤモンドビット いいかもね

2020/06/01 12:46
回答No.2

>トリマーはトリマーテーブルに固定して、材をガイドに沿って送るつもり・・・・
ガイドにどの程度の剛性があるか次第ですが、アルミ材にエンドミルの刃が食い込んで、回転力で材料が引き込まれる状態になったときに、材料が暴れないようにどこまで頑張れるか次第です。
正直言って、エンドミルのように鋭い刃がついた工具の使用は、上記のような危険があるのでお勧めできません。やすり状の刃のルーターバーであれば、危険を減らせると思います。

お礼

2020/06/01 18:40

ありがとうございます。

ガイドというか、トリマーフェンスです。クランプでテーブルに固定しますので、エンドミルの刃が食い込んでも暴れることはないと思います。

ルーターバーを切削ではなく研磨に使うものですので、仕上げにはいいかもしれません。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。