利用者同士で解決するサポートコミュニティOKBIZ. for Community Support

NEC LAVIE公式サイト へようこそ

締切り済みの質問

このQ&Aは役に立ちましたか?

pc-8001のOSの事

PC-8001は1979年に発売されました。当時OSはまだ無く、MS-DOSは16ビットになってから発表されました。フロッピーディスクドライブは何を使っていたのでしょうか?CP/Mを使っていたのですか?

※OKWAVEより補足:「NEC 121ware :デジタルライフ全般」についての質問です

投稿日時 - 2018-10-10 15:01:49

QNo.9546193


暇なときに教えてください

回答 (4件中 1~4件目)

 PC8001は当時の仕様で、CPUがZ80(4MHz)で、RAMは16KB、ROMBASICが32KBだったはずです。バックアップはカセットテープへのセーブでした。メモリー増設しても32KBが限界で、CP/Mを動かすのはきつかったと思いますね。

 PC8001は80×25のキャラクター表示と160×100画素のグラフィック表示しか出来ないので、OSを使うのは表示面でもきつかったと思います。

 フロッピーディスクドライブはPC8001の改良型が発売される頃に発売されていたようですが、1台が10万円ぐらいするもので、フロッピーディスクを標準装備した機種が出るまでは、手が出なかった人が多かったように思います。

 当時はメモリーが高価で、64KBフル実装のパソコンはPC8801とFM7ぐらいでしたし、OSを購入すると10万円以上かかるという高価なソフトでした。今では考えられないぐらい高値の花でしたね。

 そういうわけで、ほとんどのユーザーはBASICでプログラムを組んで、一部を機械語で作っていた程度でした。OSを使ってソフトを動かすようになったのは、PC9801が普及した後でしょうね。

投稿日時 - 2018-10-10 18:03:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

DISK-BASICとS-DOSってのがあった。
CP/Mは使った事無かったです。

投稿日時 - 2018-10-10 16:35:49

CP/Mもありましたが、基本的にはBASICです。
もともとROMで内蔵されていたN-BASICを拡張して、FDDを扱えるようにしたDISK-BASICが殆どでした。

「殆ど」と言っても、PC-8001の時代はFDDすら一般的ではなく、カセットテープが普通でしたので、FDDを繋いだPC-8001は非常にレアでした。

投稿日時 - 2018-10-10 15:22:11

ANo.2

OSはありましたよ。
なければ動かせませんからね。

BASICと、CP/M がありましたね。

フロッピードライブは、5インチDや5インチDDですね。
一般の人はフロッピーなんて買えませんから、カセットテープが多かったと思いますが。

投稿日時 - 2018-10-10 15:19:39

質問する24時間以内の回答率95.6%

NEC LAVIE公式サイトは、NEC製パーソナル商品の各種情報を提供するWebサイトです。 新製品の紹介、オンラインショップに加え、サポート情報として、Q&A、ドライバ等のソフトウェアダウンロードコーナー、過去の商品仕様の検索や、電子マニュアルなど、多数の情報を掲載しています。 また、修理・回収/リサイクル・PC買い取りのご案内もあります。チャット(LINE/Web)やお電話でのお問い合わせに必要な登録やその手順もご案内しています。

質問する24時間以内の回答率95.6%