• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

解決済みの質問

中国企業のパソコンを使いたいですか

HPのPCはユーザーがキーボードで何を打ち込んだか記録している
http://gigazine.net/news/20170512-hp-log-user-keystrokes/

以前も中華PCメーカーがプラグの発火とかBIOSにバックドアをやらかしていましたがまた中国です
今となっては安くもない中華ブランドのPCを買う意味は何でしょう

投稿日時 - 2017-05-13 01:19:58

QNo.9328614


困ってます

質問者が選んだベストアンサー

非常にグレーな話です
私は一製造業の人間ですが、あなたの言ってる事と他の回答者が言ってる事もある意味正しいと思います(こんな書込を書くと削除されそうです 監視されてますから(笑))
アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員エドワード・スノーデン師の話が全てではないでしょうか? 「一個人情報の監視は問題ないかもしれませんが、VIP並の個人情報監視は問題あるのか?」と言ってる事と同じでしょう これ以上書きませんが、「性善説は通用しない」と言う事です

【参考】 http://urx.blue/DrSj

投稿日時 - 2017-05-13 11:01:47

ANo.9

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2017-05-17 21:24:05

その他の回答 (13件中 1~5件目)

並び替え

uchusenkan さん、こんばんは。

中国企業のパソコンを使いたいですか?というより、私たちのようなエンドユーザーが使用して耐えるものなんですかね?使えないなら、買いませんよ。ただでさえ、一か月のうち一度のWindowsは更新プログラムのDL,インストールのたびに問題を引き起こしているし、耐えられないPC型式は古ければ即スクラップでしょうし、新しくてもメモリの増設だとかで頭が痛いのにそんなことまで飛び出したら、対応できませんよ。

投稿日時 - 2017-05-14 19:52:41

ANo.14

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2017-05-17 21:24:09

色々と教えて切れてありがとう。

ご質問者さんの「中華」の範囲の広さに驚きです。

HPは、アメリカ資本のメーカーです。

サムスンは、韓国の資本、ウエスタンデジタルやシーゲイトはアメリカ資本(一部、日本メーカーも入っていますが)です。
で、NSA って私も書いてたように、アメリカ政府の機関ですよね。

この辺を整理して、中華メーカーが何をやらかしたのかを教えてもらえないでしょうか?

そうそう、私が中国メーカーと書いたレノボですが、今の主幹のパソコンの設計は日本です。なにせ、日本IBM大和研究所を買い取った中国メーカーですから。
挙げていただいた例も、日本の設計の製品なんですよね。

ご質問者さんの定義の「中華」だと、確かにトラブルも多いでしょう。
iPhoneの主要生産国も中国ですが、iOSもiPhone4SのときにSSLを素通しにするというバグを半年以上放置しましたしね。ホント、iPhoneやiPad、Macのような中華スマホや中華ダブ、中華パソコンをどういう理由でみんなは使っているんでしょうね。不思議です。

投稿日時 - 2017-05-13 20:40:45

ANo.13

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2017-05-17 21:24:16

WindowsPCは標準モデルと言うのが存在し各メーカは
それを元に部品を購入し、製造委託会社で製造しています。
なので基本的には中華メーカでも中身は同じ。

生産数量が多ければコストが下がりますから、数万円で販売できる。
日本は年間でも数百万台なので利益、人件費を含めると最低でも10万以上になる。
このニュースは『HP』がじゃなく購入した部品に不具合が有ると言う事。
BIOSにバックドアの話は聞きませんが、IMEに有った話は知っています。
中華ブランドPCってレノボ以外販売されてないですが?

ASUSは『台湾』のメーカで、BIOSの販売元です。

逆に数十万しているのに仕様は数万と同じ日本製品を購入しますか。
と聞きたい位。(^^)
PCは企業向けを購入しますので、量販店では購入しません。

投稿日時 - 2017-05-13 15:06:44

ANo.12

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2017-05-17 21:24:21

こんにちは。
NECに引き続き、
富士通もPC部門をバックで、
中国人民解放軍が出資する、
レノボ(Lenovo)に売り渡してしまいました。
私は知らずにレノボの資本が入ってから、
ノートPCを買いましたが、
3年間保証入っているのも関わらず、
ハードディスクに書き損じが生じしているので、
修理担当で受け付けてもらい、
群馬の修理工場に送って返ってきても、
異常はありません、の一点張り。
クレームを付けるとWindows 8が入っていたので、
10から8に戻してからで無いと動作保証は出来ないと回答されたり。
現在もNECのブランドで販売していますが、
完全に実質的には中身はレノボです。
レノボに吸収されたPC部門のNECは、
一切信用ならない詐欺会社と言い切ります。
レノボに吸収される以前なら、
ちゃんと検査をして交換なりキチッとした対応をしていました。
不愉快極まりない会社です。
レノボなんて潰れれば良いです。
NECも富士通も吸収されるまでは素晴らしい会社でした。
もう日の丸パソコンを買おうと思えば、
パナソニックか東芝しか選択肢が無いのでは?

投稿日時 - 2017-05-13 14:46:05

ANo.11

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2017-05-17 21:24:26

ヒューレット・パッカードって、日本にも縁が深いアメリカのメーカーです。
かつて、パソコン、サーバー、プリンタで、世界トップシェアを取っていた、パソコンユーザーなら誰でもしてる(はず)のメーカーですよ。
それゆえに、経営が崩壊?し、ヒューレット・パッカードとHPの2つに分裂しています。HPをヒューレット・パッカードと読むのはいまはちょっぴり間違いのもとですよ。
日本にも、日本ヒューレット・パッカードと日本HPの2つの会社がありますが、ご質問はどちらを指しているのでしょう? それとも、懐かしい横河・ヒューレット・パッカードのことでしょうか? 

話の出処がさっぱりわからないのですが。

アメリカ「産」のパソコンは、アメリカ政府が盗聴できる仕組みを組み込んでいます。
これが嫌なので、中国政府は最新のOSへの更新を拒んだってニュースは見られていますか?

Googleは、検索ログだけでなく、キーログを収集しているって話は無視ですか?

Facebookは、ユーザーのアップした写真を解析して、企業に、防犯カメラで写った人を自動的に解析・特定するサービスを提供するってニュースは、聞かれたことあります?

LINEは、その利用開始時に、取り消しできない契約をユーザーと結んでいて、利用端末にある全てのアドレスデータを収集し、第三者に渡すことができることは知ってますよね?

で、教えてください。

私は1980年代からのパソコンがマイコンと呼ばれていた時代からのユーザーですが、アメリカ企業や韓国企業、そして日本企業が、プラグ発火とか、BIOSのセキュリティが、という話は何度か聞いたことがありますし、中国企業がAndroidやWindows向けの開発ツールにバックドアを仕掛けた、とかBaiduの入力ツールがキーログを送信していたという話も聞いたことがあります。

ただ、ご質問の
中華PCメーカーがプラグの発火とかBIOSにバックドアをやらかしていました
というのは、聞いたことが無いんです。
ただ、日本メーカーでもあった話なので、あり得るとは思うのですが、具体的にどのメーカーがやらかしたのでしょう?
Xiaomiでしょうか? レノボでしょうか?
興味があるので、お教えいただけると助かります。

投稿日時 - 2017-05-13 14:07:46

ANo.10

お礼

HPノートPCのAC電源コード自主回収プログラムのご案内
http://jp.ext.hp.com/info/replacement/fy2014/fy14-01.html
HP、ノートPCの過熱・発火可能性で累計約10万本のバッテリーをリコール
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/26/news067.html
LenovoのPCにはBIOSレベルでWindowsのシステムファイルを上書きする危険な機能があると判明
http://gigazine.net/news/20150813-lenovo-service-engine/
レノボ、PC電源コードに発火のおそれ--18万本回収へ
https://japan.cnet.com/article/35057699/
HP、ストレージ製品にバックドアが存在することを認める
HPのStoreVirtual Storageに「秘密のバックドア」が用意されていたことが明らかになる
サムスン、WD、シーゲイトのHDDにNSAのバックドアが仕掛けられていることが判明

ほかにもいくらでも中国政府がバックドアを仕掛けているとニュースが検索でヒットします

投稿日時 - 2017-05-13 19:42:25

質問する

Lenovoサポートサイトでは、Lenovo製品のサポート情報を提供しています。ドライバー、ヒント集、マニュアルなど、製品のサポートに関する情報を掲載しています。また、利用している製品を選択することで、利用製品に関する情報を得ることができます。オンラインでの修理依頼等も受け付けております。