サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
お知らせ
株式会社NTTぷららは、2022年7月1日(金)をもって株式会社NTTドコモと合併しました。
これに伴い、映像配信サービス「ひかりTV」およびインターネット接続サービス「ぷらら」のサービス提供事業者は、株式会社NTTドコモへと変更になります。
  • ひかりTVからのお知らせはこちら
  • ぷららからのお知らせこちら
  • 「OKWAVE Plus の利用」に関するアンケートご協力のお願い
    アンケートに答えると抽選で500名様にAmazonギフト券100円分をプレゼント!
    回答締切:2022年12月7日(水)18:00まで
    アンケートはこちら

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    ベストアンサー
    すぐに回答を!

    光回線施工にあたり他人の敷地上空を通る場合

    2020/03/03 17:16

    回線引き込みに際して、回線が他人の土地を通過する場合工事に際して立ち入る許可を取るための
    地主連絡先を探すのは申込者が行うことでしょうか?

    現在ぷらら光に申し込んでいますが、引き込み先である実家が表通りから少し入ったところにあり
    電信柱から回線を引くに当たり、他人の敷地に立ち入って作業する必要があるようです。
    この情報はぷらら光に申し込む前、OCN光に申し込んでいて、OCN手配の工事業者がその地主に
    許可を取る必要があることを話してきていたので判明しています(OCN契約は諸事情で工事実施前に
    キャンセルしました)。

    その敷地は空き地で、その持ち主が我が家付近に住んでおらず当地域と付き合いもないため持ち主が我が家ではわかりません。

    なので、ぷららに申し込んだ際に空き地を通る必要があるみたいです、と事前に話したら
    「土地主の連絡先を探して出さないと工事出来ない」と言われました。
    電話対応の担当?は情報集めてこいの一点張りで埒が明かないと思いチャットに切り替えて、ぷららが
    工事業者に依頼する際事前承諾取得必要の旨添えてくれと言ってみたのですが、工事担当部署から
    連絡すると言ったまま数日音沙汰無いままです。

    改めてですが、土地立ち入りの許可を尋ねる先の連絡先確認はサービス申し込み側がやるべきことなんでしょうか?


    ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

    質問者が選んだベストアンサー

    ベストアンサー
    2020/03/03 20:29
    回答No.4

    素人の申込人ではなく、専門家である工事会社がすることです。
    が、他人の土地の上を線を引くのではなく、通るだけでしょう
    その他人さんは見つからないのでしょう、だったら入ればいいじゃなですか、
    何も悪いことするわけでもなし、キャッチボールの玉が入ったら取りに行くでしょうに。そんなもの・・例え見つかったとしても「お邪魔します」といえばいいだけ・・あんまりうるさく業者が言うなら「言っときました」とかウソいえばいいよ。
    電話線なんかどうなってるの? 

    補足

    回答ありがとうございます。
    自分の認識不足のせいで話を余計に拗らせたなあと思ってます。
    結果からしたらOCNさんが工事での立ち入り許可取ると言ってくれたのを頼りにして工事リスケを我慢して待ってればよかったようです。

    素人は黙ってろ、を痛感しました。

    2020/03/03 22:36

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    この質問は投稿から一年以上経過しています。
    解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

    質問する

    その他の回答 (5件中 1~5件目)

    2020/03/03 21:11
    回答No.5

    工事業者の立場から言えば、地主さんに許可を取って頂くのは加入者様のお仕事となります。
    電柱から建物の間に、加入者以外の土地があり、道路などが無い場合は「隣地横断」となり、土地の所有者様から上空使用権の許可が必要となります。
    河川(農業用水や小川、ドブ川でも)がある場合は「河川横断許可」が必要となり河川管理者(国や県、市町村等の行政機関若しくは農業組合などの水利権所有者)の許諾が必要となります。
    市街地ではあまりお目に掛かりませんが、郊外で農地から宅地に変わった場所などで、電柱がまだ無い場合や、古い住宅地で土地を切り売りしてしまった場合などには上記のような状態がまま発生します。新たにその加入者様の為だけに電柱を立てたりする場合は諸費用の一部を負担して頂く場合もあります。
    農家のように広い庭があり、その端なら道路から引込可能な場合は敷地内に自分所有の電柱(引込柱、第一柱)を立てて頂き、そこを経由して引き込む場合もありますが、その工事は加入者様の全額負担となります。引込用の事前工事となり、電気工事会社などにお願いして建柱、埋設管工事、引込ボックスなどの取付施工をして貰うことになります。
    電力会社、電話会社、ケーブル会社何れにしましても、申請者様から隣地横断許可を頂けない場合引込工事は行いません。法律的に上空使用権を侵害してしまうからです。
    工事に際してやむを得ず隣地等に入って工事を行う場合には、各社の地区担当者がご挨拶に出向く場合もありますが、工事に際しての一時的な立ち入り許可ですので、継続的な使用とは異なります。
    と言うわけで、ご質問にある「回線が他人の敷地を通過しないと引き込めない」場合と「工事を行うにあたって、一時的に立ち入りする」のでは状況が変わってくるわけです。
    何れの場合でも基本的には加入者様にお願いすることになります。
    新築の場合には設計事務所や電気工事会社が事前調査を行い、必要な工事を積算していますので、新築時の工事費用に含まれることになります、また、各事業者が「机上」とか「設計」とか呼ばれる工程を経て「こういう工事をしておいて下さい」と指示が出る場合もあります。

    補足

    回答ありがとうございます。
    なるほど、厳密にはそう言うことになるんですね。
    自分の認識の甘さを自覚していませんでした。

    2020/03/03 22:17

    2020/03/03 18:42
    回答No.3

    > 土地立ち入りの許可を尋ねる先の連絡先確認は

     測量士レベルの話なら、交渉で決まった「金額しだい」で連絡先確認どころか立会の要請・ハンコ集めまで測量士がやる、と思いますが、「料金を公開して」全国展開している企業がそこまでやることはないと思います。

     とりわけ今回は『回線が他人の土地を通過する』とのこと。「工事期間だけ」ではないらしいので、その地の地主がOKするとはとても思えません。

     ぷららなどが「Aさんの回線がアナタの土地を通過するので」とか交渉に行っても、塩を撒かれるダケなのは目に見えています。

     だから、質問者さんが万事万端環境を整えて「さあやれ」と言うならともかく、そうでないなら最初から仕事を受けないと思います。返事が来ないのは暗黙の「拒否」だろうと思います。

     登記簿などを見て持主を割り出し、迷惑料などの条件を用意してご自分で交渉されるか、(訴訟ではないので)弁護士でなくていいので優秀な交渉役を頼んで交渉してもらうか、しかないと思います。

    2020/03/03 18:16
    回答No.2

    高所作業車で作業なのに立ち入りが必要ですか?
    違う経路で通線出来るように交渉出来ませんか。

    2020/03/03 18:10
    回答No.1

    あなたが工事業者だとして、通常の工事費しかもらえないのに、イレギュラーな作業をしますか?それを工事費に含むなら、私だったら数万円の追加料金をもらいたいです。
    連絡先さえわかっていれば工事業者が連絡して許可を取ってくれるのだと思いますが、連絡先がわからない状態で、それを探す作業まで工事業者に無料でさせるというのはありえないです。

    関連するQ&A

    お礼をおくりました

    さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

    ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
    なおベストアンサーを選びなおすことはできません。