サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
お知らせ
株式会社NTTぷららは、2022年7月1日(金)をもって株式会社NTTドコモと合併しました。
これに伴い、映像配信サービス「ひかりTV」およびインターネット接続サービス「ぷらら」のサービス提供事業者は、株式会社NTTドコモへと変更になります。
  • ひかりTVからのお知らせはこちら
  • ぷららからのお知らせこちら
  • 「OKWAVE Plus の利用」に関するアンケートご協力のお願い
    アンケートに答えると抽選で500名様にAmazonギフト券100円分をプレゼント!
    回答締切:2022年12月7日(水)18:00まで
    アンケートはこちら

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    締切済み
    すぐに回答を!

    Wi-Fi接続設定

    2021/03/19 14:00

    WiFi接続時にブロバイダのIDとパスを入力したのですが、IPv4インターネット未接続となり、インターネットに繋がりません。
    契約内容を変更しなければならないのでしょうか?
    (NTTのホームゲートウェイRV-440MI「N」とNECのAtermWG2600HM4を接続したい)

    ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

    回答 (2件中 1~2件目)

    2021/03/19 15:14
    回答No.2

    私は、ぷらら の関係者ではありません。
    help_wakaba さんのこの質問は、下記の参加企業の質問サイトからですね。 https://okbizcs.okwave.jp/
    この質問が、help_wakaba さんの操作により、ぷらら の質問サイトの中にあるQ&Aコュニティー「OKBiz」から、外部の質問サイトの「OK WAVE」にも接続・表示・公開されました。 Q&Aコュニティー「OKBiz」には、外部の質問サイトへ接続という表示が無いし、また、この私の回答は、ぷらら のサポート担当などからの回答ではありませんので、誤解されませんようお願いします。
    「OK WAVE」とは、世界中のインターネットから、誰でも閲覧・投稿が出来る一般に公開された質問サイトです。 私の回答は「OK WAVE」からです。
    次のアドレスは、「OK WAVE」のトップのアドレスですが、ここからもhelp_wakabaさんのこの質問を閲覧出来ます。
    https://okwave.jp




    > WiFi接続時にブロバイダのIDとパスを入力したのですが、

    Wi-Fi無線の接続設定には、ブロバイダのIDとPWではありません。
    NTTのホームゲートウェイRV-440MI「N」の、本体にシール等で表示のIDとPWです。

    回線の接続設定と、Wi-Fi無線の接続設定とは、別々の設定です。

    まず、PCを「有線」で、NTTのホームゲートウェイRV-440MI「N」に接続しましょう。
    NTTのホームゲートウェイRV-440MI「N」の取説を見ながら、ブロバイダのIDとPWを入れて設定です。
    NTTのホームゲートウェイRV-440MI「N」の全部のランプが、取説を見ながら、色と、点灯・点滅、消灯が正常等を確認です。
    全部のランプが正常ならば、PCを「有線」でインターネットが正常かを確認です。


    ● PCから「有線」で正常になったら、NECのAtermWG2600HM4を接続してWi-Fi無線の設定をしますが、Wi-Fi無線の接続設定の本体のシール表示を見ましょう。
    シール表示に「SSID」と「PW」があるはずです。
    その際、NECのAtermWG2600HM4の「ルータ機能をオフ」にしましょう。

    PCから、無線のネットワーク画面で見ると、NECのルータの「SSID」が見えます。
    もし、隣近所のWi-Fi無線のSSIDも見えていたら、自分のNECのルータの「SSID」を見つけましょう。
    自分のNECのルータの「SSID」をクリックして、NECのルータの「PW」を入れるとPCが接続をします。


    ● 「ルータ機能をオフ」にすることで、NECのルータにはブロバイダのIDとPWが不要になるはずです。

    「ルータ機能をオフ」の方法は、NECのルータの取説に必ず記載があります。(最近のルータは、スイッチを他入れるだけ。古い型番では設定画面に入って設定する)
    「ルータ機能をオフ」にしたら、ルータ機能以外の「Wi-Fi無線」、
    「LAN機能」、「ハブ機能」などを使います(使えます)。

    「ルータ機能をオフ」の目的は、二重ルータを回避するためで、ルータメーカによっては、「ブリッジ」とか「アクセスポイント(AP)」などと名称はいろいろです。

    もし、「ルータ機能をオフ」にせずに二重ルータでも偶然でインターネツトに接続することもあります。
    しかし、二重ルータでは、光回線会社・プロバイダ・ルータメーカに問い合わせた場合、二重ルータでは「出来ない」と言われたり「メンテナンスやアフター」も断られます。

    お礼

    回答ありがとうございます。無事に繋げる事ができました。
    ありがとうございました。

    2021/03/19 17:10

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    この質問は投稿から一年以上経過しています。
    解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

    質問する
    2021/03/19 14:12
    回答No.1

    Wi-Fiの接続にはプロバイダのIDなどは利用しません。
    ルーター側の設定の場合、ホームゲートウェイに光電話などがつながっている場合は、追加のルーターを「ブリッジモード」にすれば、IDなどの設定不要でそのまま利用可能です。
    光電話をつないでいない場合は、ホームゲートウェイ側を「ブリッジモード」に設定の上、追加のルーターで設定ください。
    IPv6の契約であれば、IDなどの入力なしに「自動設定」で大丈夫かもしれません。

    お礼

    回答ありがとうございます。光電話は使っていないので、ホームゲートウェイ側のブリッジモードを試してみます。ありがとうございました。

    2021/03/19 14:44

    関連するQ&A

    お礼をおくりました

    さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

    ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
    なおベストアンサーを選びなおすことはできません。